代表コラム

小規模事業主にとって
意味のある税理士とは

小規模事業主は数字と向き合わない

少し乱暴なはじまり方ですが、これは私が25年間、税理士という仕事をしてきて感じている実感です。

もちろん全員とは言いません。中には真摯に数字と向き合う事業主様もおられます。そういう事業者様は早い段階で次の展開へと進んで行かれます。

数字と向き合うというのは、辛いことです。売上がよくても、原価を軽視してはいけませんし、常によりよい状態になるようにしなければなりません。 多くの場合、小規模事業主の方は仕事に対して集中してしまい、数字のことは後回しになりがちです。

事業主の隙間部分を補うサポートを

私たちの考える税理士の仕事とは、税金を計算するだけではなく、事業主様がより経営に集中できるように、数字の改善や効率化、場合によっては活用できる助成金の紹介など、経営をより前に進めるためのサポートを行う仕事です。

経営を見つめ直し、事業の足腰を固めるために私たちは税理士は存在すると考えています。ただ税金の計算ができる税理士ではなく、時には目先に追われたお客様の考えや判断に対して「ノー!」と言うこともあります。

お客様の繁栄を第一に考え、守ることができる税理士、それが意味のある税理士であると考えます。

小規模事業主にとって意味のある税理士とは

当所に寄せられる相談の中で最も多い、小規模事業に税理士は必要なのかという内容について、私の見解を述べています。

決算料を無料にする理由

当所では、事業所の売上規模に応じた顧問料以外に通常頂く決算料を無料にしています。そこには私たちの事業者様への思いがあります。