新着情報・コラム

地球の自転の秘密

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

人類が生きているこの地球では朝に太陽が昇り、夜に沈みます。
これは地球が時点しているためで、地球は地軸を中心に回っています。

 

地球が回っている理由は、「地球が生まれた時の惰性(だせい)」であり、それは地球がどのようにして生まれたかに秘密があります。

 

地球が回っていることが分かったのは17世紀のことです。それまで地球は宇宙の中心に静止し、太陽や他の惑星が地球の周りを回っているという「天動説(てんどうせつ)」が信じられていました。

 

「それでも地球は動いている」という言葉を残したイタリアの物理学者・天文学者のガリレオ・ガリレイをはじめとする科学者たちによって、地球は太陽の周りを回りながら、地球自体も回っているという「地動説(ちどうせつ)」が証明されました。

 

地球が生まれたのは今から約46億年前のことで、元々は太陽の周りに漂う塵だったそうです。塵の集まりである「微惑星(びわくせい)」がぶつかり合い大きくなることで地球が生まれた。この時の衝突が今地球が回っていることに関係しているだとか。

 

物と物がぶつかって合体する時に完全な正面衝突でない場合はそこに回転が生まれます。
微惑星が地球にぶつかった時の違いが地球が回転する勢いに変わりました。特に重要なのが地球が完成する時に大きめの天体が地球の端にぶつかったことです。
その時に生まれた回転の勢いが今でも残っています。

 

そして地球は生まれた時の惰性で今でも回り続けています。しかし、遠い未来の話ですが、いずれ地球はほとんど動かなくなる可能性があるそうです。生まれたばかりの地球は今よりもずっと早く回っていて、約4時間に1回転していたとのことです。これは今の6倍の速さであります。

 

その後、徐々に回転は遅くなり、今のように24時間で1回転するようになりました。そして、今もどんどん遅くなっています。地球の自転が遅くなる大きな原因は、月による「潮汐力(ちょうせきりょく)」だそうです。

 

月による潮汐力とは、月が地球を引っ張り地球を変形させる力で、海における潮の満ち引きも潮汐力が原因となり、地球の回転にブレーキをかけ、地球の回る速さは徐々に遅くなっている・・・

 

その遅くなる割合は、5万年で1秒、1億8千万年で1時間という気の遠くなるような話ですが、1億8千万年後には1にちの長さが25時間になることを意味しています。このように地球は生まれた時の惰性で自転していて、その回転は徐々に遅くなっています。

 

それでは失礼いたします。

雇用調整助成金についてのお知らせ

新型コロナウイルスの影響を受けて休業する事業主の方は「雇用調整助成金」をご活用ください!
中小企業の場合、解雇等を行わなければ休業手当に要した費用の9/10が助成されます。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

持続化給付金のご相談もお待ちしております

新型コロナウイルス対策のための営業自粛などにより大きな影響を受けている事業者に対して、
事業の継続及び再起の糧として、事業全般に広く使える給付金が交付されます。
申請に関する事など、ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください!

相続の事ならお任せください!

相続の事は経験豊富な税理士にお任せください!
当事務所の税理士が誠心誠意まごころを込めてご対応いたします。
「何から始めていいのか分からない」「相続税がどのくらいかかるのか知りたい」など、ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ