新着情報・コラム

「虫歯」の「虫」

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

一般的には「虫歯」と呼ばれるが、歯学では正式に「齲歯(うし)」と呼ばれ、歯の固い組織が、口の中の細菌の作用により破壊される状態を意味しています。

 

また、そのような疾患(病気)を「齲蝕(うしょく)」と言い、歯の周りの組織に炎症が起きる病気「歯周病(ししゅうびょう)」と並び、歯科の二大疾患の一つです。

 

虫歯は知れてみると非常に難しい言葉が出来てきましたが、その「虫歯」の「虫」の正体とは「ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans)」という細菌であります。通称「ミュータンス菌」と呼ばれ、その大きさは約1000分の1mm(約1μm)であるそうです。
また、ミュータンス菌は複数の菌が連結しているのが特徴です。

 

そして、ミュータンス菌が作る二つの物質が虫歯の原因となるようです。
その一つが「グルカン(glucan)」で、ミュータンス菌は食べカスの中にある糖分を餌にしてグルカンというネべネバした物質を作り出します。このグルカンは粘着性が強く、水に溶けにくく、菌に付着すると取れにくいという性質があります。

 

このグルカンを住みかにしてミュータンス菌は増殖します。そして、ミュータンス菌は食べ残しの糖を食べて「酸(acid)」を作ります。この作られた酸が歯の表面を溶かして虫歯へと。
この様にミュータンス菌が作る「グルカン」と「酸」が原因となり、虫歯が発生します。

 

なお、人は生まれた時には口の中にミュータンス菌が存在していません。その後、口移しや食器の共有などが原因となり、両親などの唾液から感染します。なので、そういう時期に口移しなどをしなければ、虫歯の出来にくい体質になります。歯を磨いていなくても虫歯にならない人とかいますよね!ミュータンス菌が存在してないのです。
上記のように虫歯の原因となるグルカンはネバネバして水に溶けにくいため、虫歯を予防するためには、
うがいだけでは不十分で、歯磨きをする必要があります!

 

それでは失礼いたします。

雇用調整助成金についてのお知らせ

新型コロナウイルスの影響を受けて休業する事業主の方は「雇用調整助成金」をご活用ください!
中小企業の場合、解雇等を行わなければ休業手当に要した費用の9/10が助成されます。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

持続化給付金のご相談もお待ちしております

新型コロナウイルス対策のための営業自粛などにより大きな影響を受けている事業者に対して、
事業の継続及び再起の糧として、事業全般に広く使える給付金が交付されます。
申請に関する事など、ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください!

相続の事ならお任せください!

相続の事は経験豊富な税理士にお任せください!
当事務所の税理士が誠心誠意まごころを込めてご対応いたします。
「何から始めていいのか分からない」「相続税がどのくらいかかるのか知りたい」など、ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ