新着情報・コラム

世界遺産「マチュピチュ」の礎を作り上げた一人の男の物語!

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

今でこそ世界遺産として有名な「マチュピチュ」を作り上げたのはなんと「伝説の日本人」がいたのです。

 

マチュピチュは山の尾根にあり、その標高は2430mであります。
1983年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
マチュピチュは誰によって何の目的で作られたのか、その理由がまだ明確になっていないのも特徴です!

 

そんなマチュピチュには、マチュピチュの発展に尽力し、マチュピチュ村の村長にまでなった「伝説の日本人」がいたのです。
その日本人とは福島県大玉出身の野内与吉(のうちよきち、1895~1969年)さんです。

 

与吉さんがペルーを訪れたのは、マチュピチュ遺跡が世界遺産に登録される66年前の1917年(大正6年)のことで、
与吉さんは当時の21歳であったそうです。マチュピチュまでの鉄道建設に携わったのを契機に、マチュピチュへの移住を決意したそうです。

 

しかし、当時のマチュピチュは住んでいる人がほとんどいない未開拓の集落だったとか。
そこで、手先が器用だった与吉さんは、率先して川から水を引き、畑を作りました。
また、水力発電で村に電気をもたらすなど、マチュピチュのために尽くしたそうです。

 

さらに、与吉さんは村の発展のために、村で初めてのホテルを建設しました。しかし、当時はまだ無名の遺跡であり、
客が来る予定もなく、村人たちは茫然としていたようです。

 

すると、ほどなくしてある団体がホテルを訪れました。それは追跡発掘の研究者たちだっとか。
過酷な環境だったマチュピチュ遺跡にホテルが出来たことで、遺跡発掘は順調に進み、村もどんどん発展していきました。

 

マチュピチュ村に大きな功績を残した与吉さんは、1948年(昭和23年)にマチュピチュ村の初代村長に就任しました。
現在のマチュピチュの人気の礎を築いた人物はなんと一人の日本人だったのです。

 

同じ日本人として誇りを感じますよね♪

 

それでは失礼いたします。

雇用調整助成金についてのお知らせ

新型コロナウイルスの影響を受けて休業する事業主の方は「雇用調整助成金」をご活用ください!
中小企業の場合、解雇等を行わなければ休業手当に要した費用の9/10が助成されます。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

持続化給付金のご相談もお待ちしております

新型コロナウイルス対策のための営業自粛などにより大きな影響を受けている事業者に対して、
事業の継続及び再起の糧として、事業全般に広く使える給付金が交付されます。
申請に関する事など、ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください!

相続の事ならお任せください!

相続の事は経験豊富な税理士にお任せください!
当事務所の税理士が誠心誠意まごころを込めてご対応いたします。
「何から始めていいのか分からない」「相続税がどのくらいかかるのか知りたい」など、ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ