新着情報・コラム

渋沢栄一という人物

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

2024年上半期をめどに発行される新一万円札の肖像画に選ばれた渋沢栄一(1840~1931)は、明治政府の大蔵官僚として財政政策を行い、退官後は実業家に転じた人物です。
渋沢栄一は江戸時代末期の1840年、現在の埼玉県深谷市に生まれ、実家は藍玉の製造や販売、養蚕、そして畑作を営む農家でした。
家業を手伝いながら、父の手ほどきで学問を身に着け、いとこから論語も学びました。

 

その後、一橋慶喜(後の15代将軍となる徳川慶喜)に仕え慶喜に認められた渋沢は、慶喜の実弟・徳川昭武の随行員としてパリの万国博覧会や欧州諸国を訪問する事となります。

 

帰国した渋沢は明治政府に招かれ、大蔵省でその手腕を振るったのです。
大蔵省を辞めた後は、民間の経済人として活動を始めます。
銀行の頭取を経験し、企業の創設・支援や社会公共活動への参加など、実業家として活躍しました!

 

渋沢栄一のどこがすごいのか・・・
多くの日本人が世界どころか国全体のことにも目を向けていなかった時代に、先進国に赴いて社会や経済を見聞きし、現地で学んだことを日本のために生かしました。
渋沢栄一は、多くの会社設立や経営に関わったことでも有名です。
なんと、そのうちの約6割の会社は、合併・国有化もありましたが、現在も事業を継続しているのです!
その中に、現在のみずほ銀行、東京日動火災保険、サッポロホールディングスなどなど、みなさんも聞いた事のある現在でも業界を代表している大企業が多数あります。

 

英語の「BANK」を「銀行」と訳するようになったのは渋沢栄一の発案だという説もあるそうです。

 

渋沢は「論語と算盤」という著書で、利益を追い求める事と、そして道徳を大事にすること、その両方が大切だと述べています。
道徳を大事にする事が、成功への秘訣なんでしょうね!
このような素晴らしい偉人が一万円札の肖像画になることによって、景気回復のご利益にもなってもらえると思います。

 

それでは失礼いたします。

重要なお知らせ

確定申告の期限が、3月16日(月)から4月16日(木)まで延長されました。
また、国税庁は電子申告を積極的に活用するよう勧めています。
尾場瀬税理士事務所では電子申告を受付中です!
お気軽にお問い合わせください。

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております(^-^)
相談も無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください♪

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ