新着情報・コラム

桜を愛でる日本文化

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

3月になり、もうすぐ桜の季節ですね!
私は熊本の東区に住んでますので、桜の時期は自衛隊通りの桜並木を毎年散歩したりしています。
桜を愛する心は日本人の伝統文化の一つですよね。

 

花見は奈良時代の貴族が始めたイベントという説が有力だそうで、最初は桜ではなく中国から伝来してきた梅だったそうです。
それが、平安時代に桜に変わったそうだとか。

 

花見を愛した有名な武将がいます。皆さんも歴史などの教科書で見たことがあると思いますが、天下統一を初めて成し遂げたあの豊臣秀吉です。
豊臣秀吉が主催した有名な花見は「吉野の花見」や「醍醐の花見」などがあります。
「吉野の花見」は文禄3年(1594年)徳川家康や前田利家、伊達政宗などの名だたる武将ら、そして茶人や公家など総勢5千人を伴って行われたと言われています。
5日間に渡って催し、まさに史上最大の花見であったと言われています。

 

吉野山には約200種類3万本の桜があるとされ、その吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコの世界文化遺産にも登録されたそうです。

 

天下統一を果たし、戦のない活気に満ち溢れた明るい世の中であり続けたいという秀吉の思いが込められて、それが庶民にも広がり、江戸時代には花見がごく一般的な春の行事として根付いたようです。

 

そこで、私が熊本県内で行ってみたい桜の名所!
熊本県球磨郡にある市房ダムの「一万本桜」です。
ダム湖の周辺14キロメートルに桜が広がっており、熊本県内でも屈指の桜の名所として知られているそうです。
周辺道路には桜並木が続き、ピンクの帯となり桜のトンネルが楽しめる他、桜越しにダム湖の中央に大噴水も見られるとの事。
「湯山温泉桜まつり」というイベントも桜の時期に催されているようですが、今年は残念ながら中止とのことです。
ライトアップは今のところ、3月20日(金)頃から、日没~22:00まで行われるようです。

 

熊本県内の桜の名所は3月下旬~4月上旬が見ごろですので、今週末頃からですよね♪

 

今年はコロナウィルスの影響から花見などを自粛する方も多いと思います。
名所に行かずとも桜の木が植えてある所は多いので、桜を愛で春の訪れを感じたいと私は思っています。

 

それでは失礼いたします。

重要なお知らせ

確定申告の期限が、3月16日(月)から4月16日(木)まで延長されました。
また、国税庁は電子申告を積極的に活用するよう勧めています。
尾場瀬税理士事務所では電子申告を受付中です!
お気軽にお問い合わせください。

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております(^-^)
相談も無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください♪

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ