新着情報・コラム

鬼は外~♪

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

2月の代表的な季節行事といえば「節分」。節分は立春の前日のことを指すそうです。
節分は「2月3日」と覚えている方も多いかもしれませんが、実は節分は必ずしも2月3日とは限らないよう。
節分は、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と4つある季節の変わり目のうち、「立春」の前日にあたる日みたいです。

 

そして立春は、地球と太陽の位置関係によって決められ、だいたい毎年2月4日頃に訪れるため、
節分はその前日である2月3日頃になるとのこと。

 

立春は暦の上で春が始まる季節。つまり、節分は冬の終わりの日を表し、翌日から新しい季節が始まる区切りの日となります。
「立春」というのがそのような位置づけになるようですが、まだまだ寒い日が続きますよね…

 

節分では豆をまいて厄を払いますが、この豆まきが行われるようになったのは、室町時代頃と言われているようです。
当事は豆ではなくお米をまいたとされており、その習慣が現代でも続いています。

 

そして、この「豆まき」が節分といえば、大きなイベントではないでしょうか。
私も幼稚園児の幼い記憶が少し残っています。今となってはしなくなりましたが、私の住む所の隣人は毎年欠かさず
豆まきを行っています。見習わないといけないと思うのですが、投げた豆を拾っておりません…
この豆まきまいた豆は自分で拾って、自分の年齢の数より1個多く食べると厄除けになると言われています。
なので、ここを怠ると厄除けになりません、あと厄除けの前にマナーにもなるので、みなさんまいた豆は拾い集めましょう!

 

節分といえば、節分だからこそ食べる演技の伝統食、恵方巻きもあります。
今年の恵方の方角は、西南西のやや西だそうです。
恵方巻きを食べられる方は、そちらを向いて笑顔で食べて下さい!
ちなみに、恵方巻きは七福にちなんで、7種類の具を入れた太巻きが「恵方巻き」だそうです。

 

私は、この恵方巻きが苦手で毎年食べておりません(汗)
何か違う節分の仕来りを模索する必要があります。

 

このように、日本には古来から伝わる沢山の伝統行事があります。
本日は「節分」、皆様の健康と幸せを願っております。

 

それでは失礼します。

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております(^-^)
相談も無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください♪

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ