新着情報・コラム

美しきも恐ろしい海のギャング、「カツオノエボシ」

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

致命的な危険を及ぼす海の生き物がいます。
その名は「カツオノエボシ」。

 

クラゲの一種と思うかもしれませんが、このカツオノエボシは、ヒドロ虫の仲間に属しています。
1個体に見えますが、実は多くのヒドロ虫が集まって形成された群体です!もうここまでで、恐ろしい生物ですよね(+o+)

 

太平洋、大西洋、インド洋に広く分布しています。日本では本州の太平洋湾岸でよく見られます。カツオが到来する時期に黒潮に乗ってきて、浮き袋の見た目が烏帽子に似ていることから、三浦半島や伊豆半島でカツオノエボシと呼ばれるようになりました。

 

外見の特徴として大きさ約10cmほどの透き通った藍色の浮き袋をもつ。中には気体(主に二酸化炭素)が詰まっていて、これで海面に浮かびます。浮き袋は常に膨らんでいるわけではなく、必要に応じてしぼみ、一時的に沈降することもあるそうです。また浮き袋には三角形の帆があり、風を受けて移動することができます。自身には遊泳能力はほとんどありません。

 

浮き袋から海面下に伸びる触手は平均10m程度、長いもので約50mにも達します。触手が何らかの刺激を受けると、表面に並んでいる刺細胞から刺胞が発射。刺胞には毒が含まれ、獲物の小魚や甲殻類を殺して食べる。また敵から身を守る防御の役割もあります。エボシダイはカツオノエボシの毒に対する耐性を持つ時期があり、その間はカツオノエボシの触手を住処として共生することがあります。

 

この毒は、人間の皮膚に大きな赤い斑点を残し、その後、リンパ節に毒を送ります。発熱やショック症状、また多くのアレルギー反応をも与えます。普通のクラゲに刺されたのとは、比べ物にならないほどの痛みだといわれています。2度目に刺された場合、アナフィラキシーで死亡に至ることがあります。

 

刺されたことによってパニックに陥り溺れることがあるので、まずは落ち着いて岸に戻ることが先決です。その後は体に絡み付いている触手を取り除けなければいけません。このとき素手で取り除こうとすると二次的に刺されることになるので、海水で洗い流すか、ごく厚手の手袋など手を保護できるものを使う必要性があります。

 

海水で流すのがポイントです。真水で流してはいけません!除去した後、氷や冷水で冷やし、病院で治療する必要があります。

 

以上、美しきも恐ろしい海のギャング、「カツオノエボシ」でした。

 

それでは失礼いたします。

相続・終活の事ならお任せください!

熊本で相続手続き・相続税申告について相談できる税理士をお探しなら、尾場瀬税理士事務所にお任せください!
相続・終活については、何から始めていいのか分からない方が大半です!
熊本の相続・終活の専門家として、経験豊富な税理士が誠心誠意まごころを込めて適切なアドバイスを行います。
相談内容によっては各分野の専門家をご紹介いたしますので、些細な事でも悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[WEB] https://obasetax.jp/
[E-MAIL] info@obasetax.jp
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ