新着情報・コラム

天高く馬肥ゆる秋🍂

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

 

涼しくなり、少し秋模様ですね♪

「天高く馬肥ゆる秋」という言葉があります。

 

「天高く馬肥ゆる秋」(てんたかく うまこゆるあき)とは、「空は澄み渡り 高く見え 馬は食欲を増し 肥えてたくましく育つ秋」という意味の言葉です。

 

この言葉は「爽やかで気持ちのよい秋」という意味で、手紙などで時候の挨拶にも使われます。秋は一年の中でも特に空がきれいに見える季節とされます。適度に乾燥していて、水蒸気や塵が少ないため、空気が澄んで空が高く見えるそうです。

 

「天高く馬肥ゆる秋」は、そんな秋の快適な気候を表しています。しかし、この言葉のもともとの意味は現在とは異なるものだったようです。

 

この言葉は中国から入ってきた表現で、唐の詩人・杜甫(と ほ、712~770年)の祖父にあたる杜審言(と しんげん、645~708年)の詩に由来します。7世紀頃の詩『蘇味道(そ みどう)に贈る』には、「雲浄(きよ)くして 妖星(ようせい)落ち 秋高くして 塞馬(さいば)肥ゆ」とあるそうです。

 

「妖星」とは不吉の前兆とされる星のことで、「塞馬」とは中国北部の辺境にいる馬のことを意味します。古代中国の頃から、中国の北部には匈奴(きょうど)などの騎馬民族が住んでいて、秋の収穫期を狙って度々攻め込んできました。それは杜審言のいる唐の時代になっても変わらなかったとか。

 

そこで「秋には夏草を食べて元気がある馬に乗った騎馬民族が攻めてくる」という敵襲に警戒する意図が込められた詩を詠んだそうです。そのため、「天高く馬肥ゆる秋」とは、もともと秋ののどかな雰囲気とは無縁の言葉だった。その後、日本では現在のように「快適な秋の季節」を意味する言葉として使われるようになったとされています。
このように、使い方が変わる事があるんですね!秋の紅葉をこれからそっと楽しみにしたいと思います♪

 

それでは失礼いたします。

相続・終活の事ならお任せください!

熊本で相続手続き・相続税申告について相談できる税理士をお探しなら、尾場瀬税理士事務所にお任せください!
相続・終活については、何から始めていいのか分からない方が大半です!
熊本の相続・終活の専門家として、経験豊富な税理士が誠心誠意まごころを込めて適切なアドバイスを行います。
相談内容によっては各分野の専門家をご紹介いたしますので、些細な事でも悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[WEB] https://obasetax.jp/
[E-MAIL] info@obasetax.jp
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ