新着情報・コラム

ウイルスについて💊

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

コロナウイルスが猛威を振るっております。

 

そもそもウイルスとは、タンパク質の殻にDNA(若しくはRNA)を持つ構造体で、自己増殖しないものを言います。
自己増殖をしないため、「生物」とはみなされていません。自己増殖をしない代わりに他の生物の細胞に感染し、宿主の細胞内で増殖し、宿主の細胞の外へ放出されます。
また自分でエネルギーを作ることもしません。これもまた感染した先の宿主のエネルギーを利用します。

 

感染した際に、宿主になんらかの影響を与えることもあり、インフルエンザや今回のコロナウイルスもその影響です。

 

ウイルス感染というと、私たちが日々感じられるのは風邪や熱などの症状ですが、それ以前にも様々な影響があります。

 

ウイルスは細胞に感染しますが、その感染した細胞がまず影響を受けます。今まで自分に送られてきた栄養がウイルスもその抵抗を抑え込もうと戦うことになります。

 

戦いののち、細胞は死んでしまったり、あるいは宿主の細胞自体の分裂と死とのバランスをとって持続感染を続けたり、あるいは細胞を不死化させたりガン化にさせたりします。
細胞が死ぬとき、ウイルスがさらに増殖を目論み細胞膜や細胞壁の破損をして細胞が殺されてしまうケースと、細胞自体がこれ以上ウイルスの増殖を防ぐために自ら命を絶つケースとがあります。

 

細胞への影響だけで終わればよいのですが、感染細胞持つ生物にも影響を与えることもあります。
これを排除しようと体は免疫機能を使って熱を上げウイルスを殺そうとしたり、咳やくしゃみ、鼻水や痰を出して(不活性化したウイルスを含め)体の外に追いやろうとします。

 

マスクや手洗いうがい、アルコール消毒によってウイルスの侵入を防ぐのは皆さんご存じの通りでしょう。
今回はアルコール消毒に注目してください。

 

今回のコロナウイルスやインフルエンザは脂質でできた「エンベロープ」と呼ばれる膜を表面に持っています。(持っていないものもあります:ノロウイルスなど)コロナウイルスやインフルエンザウイルスの表面のエンベロープをアルコールは破壊でき、これによってウイルスは不活性化するのです。石鹸などによる手洗いも同じで、このエンベロープを壊してしまうのでウイルスは不活性化します。

 

今回はウイルスについて説明させていただきました。

 

それでは失礼いたします。

相続・終活の事ならお任せください!

熊本で相続手続き・相続税申告について相談できる税理士をお探しなら、尾場瀬税理士事務所にお任せください!
相続・終活については、何から始めていいのか分からない方が大半です!
熊本の相続・終活の専門家として、経験豊富な税理士が誠心誠意まごころを込めて適切なアドバイスを行います。
相談内容によっては各分野の専門家をご紹介いたしますので、些細な事でも悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[WEB] https://obasetax.jp/
[E-MAIL] info@obasetax.jp
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ