新着情報・コラム

スヌーピーの功績☆彡

お世話になっております。
熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」のアシスタント、ハイネです。

本日8月10日はスヌーピーの誕生日だそうです!

 

「スヌーピー」はアメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画「ピーナッツ」に登場するオスのビーグル犬。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬です。
趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる、凄まじいポテンシャルを秘めた犬です。
だからこそ、スヌーピーな訳ですが(笑)

 

生まれた場所はデイジーヒル子犬園で、8匹兄弟の1匹。誕生秘話を語るアニメ作品もあるようです。
漫画への初登場は、連載開始から2日後の1950年10月4日のことです。

 

世界的に知られているキャラクターであり、その愛らしい風貌から日本国内でも人気が高く、日本においては、スヌーピーにおいては、スヌーピーという名前自体が「ピーナッツ」を指す代名詞となっています。漫画の名前自体も「スヌーピー」と勘違いしていたり、スヌーピーが主人公だと誤解されているケースも多いでしょうね!

 

そんなスヌーピーは現在までの宇宙開発に大きく貢献しています。スヌーピーは宇宙に飛び立つ宇宙飛行士のための番犬のような役割としてNASAのシンボルに選ばれました。
スヌーピーがNASAの公式マスコットに採用されたのには「番犬」以外にも大きな理由があります。

 

アポロ計画とは、1961年から1972年にかけて実施されたNASAによる人類初の月への有人宇宙飛行計画であります。
そのアポロ計画をずっとアメリカがやっていて、実際に月にも行きました。ただ、初期段階では実は事故が起きて死者が出ました。

 

失敗がありながらもそれを乗り越えてチャレンジしなくてはいけないという時に、そういう姿を自ら見せてくれるスヌーピーがマスコットとしてふさわしいという事で、宇宙開発はスヌーピーとともに歩んできた歴史があります。単なるマスコットではなく、国民全体にとって大事な存在になっているのです。

 

ちなみに、アポロ10号の指令機械船はチャーリー・ブラウン、月着陸船はスヌーピーと名前が付けれれていました。これで、シュミレーションを行い、実際に有人で史上初の月着陸を成功させました!

 

スヌーピーの功績も凄いですよね!

 

それでは失礼いたします。

相続・終活の事ならお任せください!

熊本で相続手続き・相続税申告について相談できる税理士をお探しなら、尾場瀬税理士事務所にお任せください!
相続・終活については、何から始めていいのか分からない方が大半です!
熊本の相続・終活の専門家として、経験豊富な税理士が誠心誠意まごころを込めて適切なアドバイスを行います。
相談内容によっては各分野の専門家をご紹介いたしますので、些細な事でも悩まずにまずはお気軽にお問い合わせください♪

熊本市の税理士「尾場瀬税理士事務所」は決算料無料!

熊本市の尾場瀬税理士事務所は、小規模零細企業経営者の身近なコンサルタントです。
企業の発展は、小さな一歩から始まります。
すべてはお客様の「小さな一歩」のために、税務・会計業務に留まらず様々なニーズにお応えします!
お客様の繁栄を第一に考え、事業主にとって意味のある税理士を目指して日々精進しております♪
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください(^-^)✨

お問い合わせ

尾場瀬税理士事務所
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉3丁目15番8号
[WEB] https://obasetax.jp/
[E-MAIL] info@obasetax.jp
[TEL] 096-365-9335
[FAX] 020-4624-1849
[営業時間] 平日 09:00~18:00

固定電話 Eメール twitter instagram facebook line youtube

タグ